2018年03月07日

西本願寺見学

201803072.jpg

先週末、弊社がお世話になっているお客様の計らいで、年に数回しか公開されない京都・西本願寺の非公開施設の見学をさせてい頂きました。

201803073.jpg

撮影は残念ながら禁止でしたので目と脳に焼きつけましたが、国宝級の施設をゆっくりと、そして親切丁寧な説明を受けながら貴重な体験をさせて頂きました。

201803074.jpg

国宝・飛雲閣は残念がら東京オリンピックが開催される2020年3月まで外装修復中でしたが、逆にこけら葺の解体後の屋根下地を観れる貴重なタイミングでした。

飛雲閣は3層からなる楼閣建築で金閣、銀閣と共に京都3名閣の1つです。豊臣秀吉が建てた聚楽第の1部とも言われています。

201803075.jpg

現在は屋根内部構造の調査中で耐震性の診断を行っており、屋根下地材には明治43年修補と過去の解体修理の年を示す焼印もありました。

201803076.jpg

2020年3月には綺麗になった国宝・飛雲閣を観れる事でしょう♪ ↑イメージです☆

201803077.jpg

夜、建築家・原広司氏が設計したJR京都駅で夕食をとったのですが、ちょうどお雛様の時期で大階段には「ひな壇」が映し出されていてとても綺麗でした☆

このような貴重な体験をさせて頂きありがとうございました☆
posted by Myanmar at 18:06| 長崎 ☁| Comment(0) | 旅行生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。